ハッピーアイスクリーム~自由を望む2人の民~

ハッピーアイスクリーム〜自由を望む2人の民〜

ストレスフリーに生きることを望む2人の民によるブログです!ぜひご覧くださいっ!

お散歩と僕の好きな場所のお話し。

こんにちは、クロです。

 


率直に申し上げて、本日は書くことがありません。笑

 

相方のように毎日バラエティに富んだ内容の記事を書けないので、ドラマがない日は枯渇します笑

 

今週は99.9がお休みだったので持ち玉が1つつぶれました。死活問題です笑

 

世間ではオリンピックが盛り上がっていますが、僕はどうにもウインタースポーツには疎く、同世代の高木美保選手などの活躍にはおお!っと思いますがブログに書けるほどの熱量も知識もありません。

 

でははてなブログの「今週のお題」に着目を!
と思ってもこちらも絶妙にハードルの高いお題目で僕にはなかなか難しい。
相方のタクさんには結構面白い小説の題材になるかもなあ。

 

そんな具合でいよいよ書くことがなくなった時は最後の切札東京03関連の話を、とも思いましたが、恐らく週末に東京03の記事を書くことになると思うので流石に自重。
(今週末、東京03のライブに当たったので行ってくるのです!)

 

 

そこで、今日は僕の好きな場所についてのお話しです。

 


僕は散歩が好きです。

 


お金のない学生の頃はよく友人と散歩していましたし、相方のタクさんともお互いの家がある街を散歩したりしてました。


就職活動の時期には都内を練り歩いたりしていました。


説明会と説明会の間の時間をスタバで難しい名前のコーヒー飲んで過ごすなら、歩いて次の場所まで移動してしまおうとよく歩いたものです。
おかげで23区内の大まかな地理も身に付き、非常に楽しかったです。


新宿から水道橋・御茶ノ水あたりを経由して新橋・東京駅方面へ抜けたり、渋谷から青山・赤阪を通りすぎ大手町へ、なんてよくやっていました。


3時間くらいまでは結構歩いていましたね。

 


そんな中でも、僕が1番好きなルートがあります。


四ッ谷駅から永田町・赤坂見附へ行くルートです。


君の名は。」で瀧くんと奥寺先輩が待ち合わせをしていた四ッ谷駅を出て、迎賓館方面に歩いて行きます。


某学校のグラウンドを脇に見ながら坂を下っていき、首都高と交わる道を通りすぎ、池?を左に歩いていくと永田町・赤坂見附駅へ到着です。大体30分弱かな?


僕が就職活動をしていた時期というのは春~初夏だったのですが、とんでもなく雰囲気が良いんです。素敵。
遠くに見えるホテルニューオータニも綺麗なんですよ。素敵。

就活で赤阪へ行くことはほとんどなかったですが、永田町~大手町へ行くことは多かったので、時間がある時は愛用のルートでした。

 

東京の地理が分からない方にはなんのこっちゃですよね。ごめんなさい。

 

 


あとは、僕は神奈川生まれなのでやっぱり神奈川も好きです。

鎌倉も江ノ島も箱根も好き。横浜も好き。

横浜駅からNISSANを通ってみなとみらい・桜木町へ抜ける道も大好きです。

通学定期で横浜へは行けても桜木町へは行けなかったので、たまにバイトでパシフィコ横浜に行く時はこのルートを歩いたものです。

 

以前タクさんが横浜の見どころに関する記事書いてたけど、あの辺りは学生の頃よく行ったりして、今でも大好きです。
横浜の地理が分からない方にはなんのこっちゃですよね。ごめんなさい。

(横浜の記事はこちら)

 

 

happyicecream-okaeshi.hatenablog.com

happyicecream-okaeshi.hatenablog.com

 

 

 

 

あー懐かしかった。


今は遠く離れた地のベッドの上で寒さに震えながら書いているけど、書いているだけで色々思い出されてとっても懐かしかったです。


もうあと数週間すると暖かくなってくると思うし、東京・神奈川に用事がある時はまたお散歩したいなと思います。


電車で移動すれば百円二百円で、ものの数分で移動できちゃうのですが、歩いていくのが良いんですよね。

共感してくれる人がいれば嬉しいな。一緒にお散歩しましょう。

 

それでは今回はこの辺で。

以上クロでした~

 

 

変わりたい年頃 タクの決心

 

 

こっ、こんばんは〜 タクです。(小声)

 

 

今回は番外編ということで夜中に少〜しだけ呟やかせていただきたいと思いま〜す。

 

 

と、いうのもね

 

 

とあるブロガーさん(元HKTのあの人)が出した本にこんなことが書いてあったんですよ

 

 

「ネガティヴなことを言うとファンが離れていく」

 

 

僕はね、これを見て思ったんですよ。

 

 

えっ!俺ネガティヴなことしか呟いてないやん!!

 

 

やばいやつやん!!

 

 

ってね。

 

 

確かに仕事を早々に辞めて自由に生きたいっていうのが僕と相方の目標なんですけど、だからといってネガティヴなことをブログの冒頭でグダグダ書いたり、Twitterで呟いてちゃダメですよね。

 

 

読んでる方からしたらそりゃあ面白くないですよね。

 

 

めっちゃ反省しました。

 

 

自分の気持ちは大切ですけど自らネガティヴを加速させたら叶えられるものも叶わなくなっちゃいますよね。

 

 

もっとポジティブに生きます!

 

 

今までの記事もブラックコーヒーに甘いミルクを混ぜるが如く、ネガティヴなところをマイルドして読みやす〜く編集し直そうと思います。

 

 

仕事が嫌だという気待ちはそれはそれで大切な気持ちなので変わらず持ち続けますが、それでも

 

 

元気に明るくいきます!

 

 

心を一度

 

 

 

リニューアル&アップデートします!

 

 

最近コンビニの弁当リニューアルやスマホのアップデートのせいでリニューアルやアップデートにはあまりいい思い出がありませんが(こういうのが既にネガティヴ発言…なのか…!)本当いい意味で変わっていこうと思いますので、

 

よろしくお願いします!

 

 

以上タクでした〜。

 

 

それではみなさん

 

 

お休みなさい💤

 

 

 

コミュニケーション能力ってどうつければいいんだろう。

 

こんにちは! タクです。

 

 

昨日今日と午後勤シフトです…泣

 

 

午後勤だと朝早く起きなくてもいいというメリットがある代わりに、家に着くのが0時を過ぎるというデメリットがあります。

 

 

そして仕事の体感時間が長い……。

 

 

なんにせよ往復2時間かかるため仕事の拘束時間が残業1時間を合わせて計14時間あることには変わりなく、睡眠時間を8時間は確保したい僕には自由時間が2時間。

 

 

そのうちの1時間はご飯やお風呂に費やすと思うと1時間しか自由になれない……。

 

 

あぁ辞めてぇ。

 

 

でも、夜遅く帰ると色々ドラマがあって面白いなと思うところもあります。

 

 

別れ話をしているカップルや、また会おうなといい感じに話す大学生達、何があったか分からないけど文字通り泣き崩れているOL。

 

 

彼ら彼女らには彼ら彼女らの人生があって、その人生のクライマックスなるもの(ちょっと大げさですが)を垣間見える夜の帰り道は少し刺激的です。

 

 

僕は側から見るとどうみられてるんでしょうか。

 

 

顔が死んでるサラリーマンに見られてるのでしょうか……?

 

 

 

 

 

……閑話休題

 

 

 

今回は前回に引き続きコミュニケーション能力について考えていきたいと思います。

 

 

今回はコミュニケーション能力のつけ方についてです。

 

 

前回も言いましたが、僕自身コミュニケーション能力はそう高くありません。

 

 

ですが、色々とコミュ力については研究をしましたので紹介していきたいと思います。

 

 

それでは、いってみまーーーしょうっ!

(ミライアカリ風)

 

 

コミュ力のつけ方①

コミュ力の高い人を観察する。

 

 

コミュ力を高くしようと思って1人で試行錯誤してみるも中々うまくいかない、そんな時はコミュ力の高い人をよく観察してみると良いです。

 

 

とはいったものの、周りにそんなコミュ力の高い人いないし…。と思う人もいるでしょう。

 

 

しかし、今は大変便利な世の中になりました。テレビ、ラジオ、マンガ、本などなど様々なツールを使えば、コミュ力の高い人を手軽に観察することができます。

 

 

テレビでいえば、バラエティ番組を観てみるといいのではないでしょうか。

 

 

大抵のバラエティ番組では司会者とひな壇とゲストというような構図になっています。

 

 

司会者は番組を進行させつつ、ひな壇の方やゲストの方から話を引き出す役割があります。

 

 

司会者が下手くそだと、番組が上手く進行しなかったり、ひな壇、ゲストの魅力が引き出せなかったりするため、司会者はコミュ力の高い方が多いです。

 

 

一対一でも多対一でも司会者の話し方や、場の空気の作り方は非常に参考になります。

 

 

自分にも真似できそうだな、話し方がなんとなく似ているなという司会者の方を見つけて、観察、研究してみるとコミュ力が上がるのではないでしょうか。

 

 

ラジオでいえば、パーソナリティを観察、研究してみると良いです。

 

 

ラジオでは多対一というよりは一対一でトークすることが多いです。

 

 

なのでパーソナリティは番組を進行するだけでなく、より深くゲストや他のパーソナリティと話していくスキルが必要になります。

 

 

またラジオパーソナリティは話を広げる力がないと番組が成り立たなくなってしまうので、話を広げるスキルの高い人が多いです。

 

 

ラジオによっては話すジャンルが決まっているものもありますので、特定のジャンルで話を広げるようになりたいという方は自分の話を広げたいジャンルのラジオを探してみると良いのではないでしょうか?

 

 

マンガ、本に関しては話を進めたり、話題を振ったり、空気感を作ったりというよりは、語彙力や文章構成力、表現力を上げるのに役立ちます。

 

 

漫画家や作家が必ずしも対面のコミュ力があるとは言えませんが、売れている漫画家や作家は少なくともマンガや本を通じてのコミュ力は非常に高いです。

 

 

漫画家や作家の語彙力や文章構成力、表現力の高さは読者をグッと惹きつける力があります。

 

 

彼らのそういったコミュ力を身につければ、話に深みが出てコミュ力の大きな向上に繋がるのではないでしょうか。

 

 

 

コミュ力のつけ方②

場数を踏むべし。

 

 

 

コミュ力をつけるにはやはりコミュニケーションを多くとっていかなければいけません。

 

 

おしゃれになるためには、服をある程度着こなしていく必要があるように、体力をつけるためにはトレーニングを積む必要があるように、コミュ力はコミュニケーションをとっていかなければ身につきません。

 

 

学んだ知識を体現し、理想と現実のギャップを埋めてく作業が必要なんです。

 

 

しかし、対面でコミュニケーションとるのは中々ハードルが……。という方もいるでしょう。

 

 

そういう方はチャット、メール、電話などを利用してみるといいのではないかと思います。

 

 

今の世の中コミュニケーションツールは沢山あります。

 

 

SNSのアカウント一つ持っていれば、千人知り合いを作ることも可能です。

 

 

チャットやメールなどは文章を考えてから時間が存分にあります。

必死に色々と考えて少しずつコミュニケーションをとっていくと良いのではないでしょうか。

 

 

慣れていけば少しずつ文章を考える時間も減り、フランクに会話を進めることが出来ます。

 

 

また文章化することによって、コミュニケーションがうまくいった時、うまくいかなかった時のデータを残すことが出来ます。

 

 

次に活かす時にデータがあると助かりますよね。

 

 

チャットやメールに慣れたら電話に挑戦してみるのもいいと思います。

 

 

チャットやメールに比べると難易度は高いですが、その分相手の返事も早く貰えるため、会話をより楽しむことが出来ます。

 

 

相手の顔が見えないので、気持ち少し楽なんじゃないかなとも思います。

 

 

それも慣れたらどんどん対面で話す場に乗り込んでいきましょう。

 

 

最初は友だちや家族など身近な人とたくさん話す、慣れてきたら友だちの友だちや、先生、上司など、少し距離感のある人と、それも慣れてきたら初対面の人やお偉いさんなどといったように段階を踏みながら会話をする機会を増やしていくといいと思います。

 

 

会話をすればするほど、経験は積まれますし、新たな課題も生まれてくると思います。

 

 

そういった経験や課題がどんどん蓄積していくと、気がつけばコミュ力がかなり高い人になっているんじゃないかなと思います。

 

 

コミュ力のつけ方③

コミュ力を意識し過ぎない。

 

 

先の二つを否定してるように捉われかねない話ではありますが、コミュ力という言葉に縛られ過ぎない方が良いと僕は思います。

 

 

特に会話中は。

 

 

思春期の度合いが凄まじかった僕は、他人と、特に女子と上手く話せずに非常に悩んだ時期がありました。

コミュ力が低いから、コミュ力が低いが故に自信が持てないからと、他人と話すのに非常に高いハードルを感じていたのです。

 

 

でもそれって考えすぎて上手く自分を出せなかっただけなんですよね。

 

 

日常生活の中でふとコミュ力を上げる努力をするくらいの気概で丁度いいと思います。

 

 

いつもこうしなきゃああしなきゃと思うのではなくたまに意識して上記二つのコミュ力のつけ方を実践する、いざ会話をするってなったら流れに身を任せてみる、そしてまた一人になりふとした時にコミュ力について考えてみる、そんな感じでいけばいいんじゃないかなと思います。

 

 

要はメリハリです…笑

 

 

結局、会話をしていて自分が楽しいと思えるのが一番ですから。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

コミュ力のつけ方と大層なことを言ってみましたけど、結局は自分がうまく話せるように少しだけ努力して、あとは会話をたくさんしながら慣れていき、楽しんでいくことが必要だと思う、そんな感じのお話でした。

 

 

上手くまとめられたかちょっと微妙ですが、

 

 

会話が苦手な人の背中を少しでも押せたならよかったかなと思います。

 

 

今回はここら辺でお開きで。

 

 

次回もお楽しみに!

 

 

 

タクでした。

 

 

f:id:happyicecream-okaeshi:20180219163354j:image 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トドメの接吻 第7話感想

こんばんは、クロです。

 


トドメの接吻第7話です!

さっき終わったばかり、正確にはいまガキ使が終わったところです。

19日の更新分ですが興奮冷めやらぬうちに書いてしまわねば。
でも明日仕事だから早めに書き終えて寝なければ!

 

と言うわけで早速!

(第6話の感想はこちら)

 

 

happyicecream-okaeshi.hatenablog.com

 

 

 

 


前回の最後に、布袋を使ってエイトを殺害させたマッケンユー。

今回も初っ端からマッケンユーの黒さが目立った。
お母さんまで囲いこんで、役員たちの前でみことさんに婚姻届!
これは中々断りにくいよね。

てか役員たちがステレオタイプなThe役員って感じの人たちで面白かった笑

 

これはマッケンユーこのまま逃げ切りかと思ったところで
長谷部くんマッケンユーに歯向かった!
彼もかなりエイトに影響されたんだな~

皆がエイトエイト言うことに腹を立てたマッケンユーがそのまま長谷部を殺してしまわんというくらいだったけど、みことさんが来たらころっと態度変えるのもうすごい悪役のそれ。序盤の優しい尊氏お兄さんの面影はもはや全くなし。

 


そんでサイコがキスの相手に選んだのはまさかのみことさん!

サイコがみことさんの様子を伺うシーン多かったけど、それは嫉妬的なあれかと思いきやまさかキスの相手にするとは。
てっきり菅田将暉とだと思ってたからびっくりだよ。

 


でもせっかくエイトを救ったのに、そのことにエイトは全く気付かず。
いや普通は確かに気付くはずないよね。
でもサイコが救ってくれたとも知らず12年前の真実を知ったときの憎い感情のままですれ違いなのがもどかしい。

 


そんな中でも、布袋のぽろっともらした言葉から出ました今回も挽回宣言!

布袋くんはマッケンユーに裏切られてどうなるかと思ったけど、結構曲者だったなあ。
このままフェードアウトではなくまた波乱を起こしてくれそうな感じ。

 

そう言えばかずまは完全にフェードアウトしてますね。
他のドラマにも出てるみたいだし、最近は専ら学割先生と全てのものにサンキューしてますね。

 

 


そして驚いたのが菅田将暉

いや~掻き回す!

マッケンユー×菅田将暉のシーンがあるとは思ってなかったからびっくりびっくりだよ。

今まではエイトをサポートしていたような印象だけど、マッケンユーにタイムリープのことを話すのはどういう意図だ?味方ではなかったのかな?光太ではないのかな??

 


とか思ってたら、みことがエイト死んでたこと話してくれた!

このままエイトが2月14日の真相を知らないままだとサイコがかわいそうだからね。誤解が解けてよかった。

そのまま腕折れてるのに青春ドラマばりの全力ダッシュでサイコの元へ!

サイコにお礼を言うのかと思ったら、なんでみことさんにキスしたのかとやや怒り気味?余計にサイコに腹立てちゃった??

 


ってなってたら、サイコの答えに僕は完全に胸を打たれました。

 

さいこほんと健気過ぎる。

 

自分もエイトのこと好きなのに、その気持ちを押し殺して、恋敵のみことさんとエイトをくっつける手伝いをして、エイトの道具になることを決めたって…。それが自分が生き残った意味だって…。

 

健気過ぎる…。

 

そして健気さに胸を打たれたのは僕だけではなかったようで。


エイトの歪んだ愛が、サイコの健気さによって変わろうとしている。
エイトも思わず抱き締めたような感じ。キスもかわして、抱き締めたまま。ゆっくりと抱き締め返すサイコ。

 


もうこのままサイコと幸せになればみことさんいらないんじゃないの?
なんて思ってたらみことさん到着!

 

タイムリープの秘密にも気付くかもしれないし修羅場状態へ。

そして曙橋の下ではマッケンユーと菅田将暉が再会!
こちらもタイムリープの謎に近づくか!

 

 


といったところで終了。

は~終わった…!
次どうなるんだろう…。


なんて思ってたらなんすかあのトドメのパラレル笑

ホストナインは流石に笑う。

確かにエイトもみことさんも死んだ世界だと尊氏はどうにもならないからね。

huluは契約してないからパラレルは観られないんだけどちょっと気になってしまった笑

 


残り話数も少なくなってきて、今まで関わらなかった人たちが交錯し始めましたね。

サイコの正体がマッケンユー執事コンビにばれてしまい、エイトパパらしき人も登場。
あとはあの記者もサイコの正体に迫ったりするか?それはないかな?

 

とにかく来週も楽しみです。

 


それでは今回はこの辺で。

以上クロでした~

 

 

コミュニケーション能力ってなんだろう?

 

 

こんばんは… タクです。

 

 

疲労が抜けない…。

 

 

1日休みの際にがっつり遊んじゃうと仕事への体力が持たない……。

 

 

なんだこれ…。

 

 

こんな体の中仕事に行かなければならないのか…。

 

 

……。閑話休題

 

 

疲労がいくら溜まっていても、ブログは書き

進めねば!

 

道を開くことは簡単ではない…!

 

っということで今回もじゃんじゃん記事を書いていきたいと思います!

 

今回の記事はコミュ力とはなんなのかについてです。

 

僕自身コミュ力があるわけではないですが、コミュ力のある人と割と関わってきましたし、コミュ力に関しては一時期色々と研究をしてきました。

 

コミュ力に悩まれてる方がいらっしゃいましたら、参考にしていただければなと思います。

 

それでは、いってみまーーーしょうっ!

(ミライアカリ風)

 

 

コミュ力ってどんな力だろう?

 

 

コミュ力、略してコミュニケーション能力って曖昧で抽象的でふわふわしすぎてて何なのかよく分からないですよね?

 

就活中もよく求める人物像のキーワードとして「コミュニケーション能力がある人」って出てましたけど、何のこっちゃ?とイライラしたものです。

 

そんなの知るかー!のスタンスで就活を進めていた結果今の会社()に入ってしまったわけですけど…。

 

 

……はい。

 

 

ということで、コミュニケーション能力、略してコミュ力とは何なのか考えていきたいと思います。

 

 

コミュ力とはその① 「話を始める力」

 

コミュニケーションってまあ色んな形がありますけど、基本的には言葉を使った会話が主な形だと思います。

 

言葉を使った会話は誰かが話し始めないと始まりません。

 

ですが、これがなかなか難しい。

 

親しい友だちや家族であれば難なく始められますが、これが職場の上司だったり、遠い親戚だったり、苦手な人やお偉いさんだと中々うまくいかないんじゃないかなと思います。

 

意中の相手も…ね苦笑

 

この話し始めをうまーく出来るようになると、色んな人と話せるようになります。 

 

挨拶がしっかり出来る人だったり、無難なテーマをたくさん知ってる人だったり、逆に厳格な空気を作れる人だったりと会話のスタートをうまく切れる人っていうのは話の中心によくいますよね。

 

どんな話題を振るか、空気感を出すか、ここを研究してみるとコミュ力アップに繋がるのではないでしょうか。

 

 

コミュ力とはその②「会話を続けようとする力」

 

会話って話についていけなかったり、知らない

話題だったり、相手の話がつまんなかったり、変な空気になったりすると中々続かないですよね。

 

同じ人と話していて、何度も会話が途切れると、なんだかその人とは話しにくいなって印象がついてしまいます。

 

コミュ力ある人って何だかんだで会話が続き、気がつけばあっという間に時が過ぎているような感覚を提供できちゃうんですよね。

 

そういう人の何が凄いのかっていうと、もちろん話す話題が豊富だったり、話しやすい空気を作るのが上手かったりもあるんですけど、会話を続けようとする意思が強いってことだと思うんです。

 

もう嫌だ、この人と話すのはやめようって諦めやすい人は残念ながらコミュ力があまり高くないのかなって印象があります。

 

 

なので会話が途切れる前に違う話題に方向転換したり、何か面白おかしい話を交えたり、お互いの共通の話題を話してみたりしようとすることが重要なんじゃないかなと思います。

 

連想ゲームのように、この話題ならこの話題に繋がるなとか、この話をしたら場が盛り上がるだろうなとか、この相手だったらこんな話が好きだろうな、みたいにあらかじめ会話の幅が広げられるようにしておくと、会話が続けようという意思が強くなり、コミュ力がつくのではないでしょうか。

 

 

コミュ力とは③「自分を出す力」

 

 

会話をしていて相手に興味を持つには、相手がどんな人間なのか分かることが重要だと思います。

 

相手が自分の話を全くせず、自分の考えも、感想も、気持ちも一切吐かない人だとあんまり親しくなりたいなって思わないんじゃないでしょうか。

 

なので、会話をする際はある程度自分を相手に

知ってもらえるように話を進める必要があると思います。

 

僕はこう思う、とか〜なところが面白いね!とか僕は好きだ!とか言った自分の想いだったり、僕はこんな人だとか僕はこんな趣味があるとか僕の妹は〜と言ったような自分の身の上話を、ある程度話の中に交えてみると相手も話しやすくなるんじゃないかなと思います。

 

コミュ力の高い人は相手が鬱陶しいと思わない程度に自分を出します。

 

そして自分の話をする際、自分の弱みを少し晒している人は好感がもてます。

 

これがいきすぎるとめんどくさいって思っちゃうんですけどね…。

 

 

コミュ力とはその④「聴く力」

 

 

自分のことを話すことは会話をする上で大変重要なことですが、相手の話を聴くことも同じ位大変重要なことです。

 

人間話を聴いてほしい、認めて欲しいという承認欲求の塊みたいなところがあるので、自分の話を蔑ろにされると、この人とは話したくないなって思っちゃうんですよね。

 

なので相手が自分の話をし始めたらしっかり聴く、聴くだけでなく気になるところがあったら深掘りしたり、広げたりしていく、自分がいいなと思ったことは共感するといったことが必要になります。

 

コミュ力の高い人は上手く相手に話をさせるのが上手です。

 

会話を広げるための質問をたくさんし、相手の話を聴いた上で自分の話に上手く持っていき、頃合いをみてまた相手に上手く話を振ります。

 

この人と話すと止まらなくなっちゃうって思わせたら勝ちですよね?

 

なので会話に使えそうな質問だったり、相手が好きそうな話題だったりを色々ストックしておくといいんじゃないかなと思います。

 

そしてその質問だったり、話題だったりを振るタイミングを研究してみるとコミュ力が上がるんじゃないかなと思います。

 

 

ですが、無理に質問したりする会話を広げたりするのは避けた方がいいと思います。

 

いくら上手くコミュニケーションをとっていくといっても、会話で自分が我慢するようなことがあると、最終的に上手くいきません?

 

自分がいけると思った頃合いを見て質問をしたり、話題を振ったりする、でいいんじゃないかと思います。

 

 

 

コミュニケーション能力とはその⑤「調整力」

 

 

 

会話の長さって重要だなと思います。

 

会話が間延びしてしまうと、なんだか疲れてしまいますし、短過ぎても物足りないと思ってしまう。

 

丁度良い長さで話を終えるのもコミュ力の一つだと思います。

 

会話の長さを考える際は会話をしているその状況を俯瞰してみるといいんじゃないかなと思います。

 

電車での帰り道だったら、その電車の乗車時間で大体終わるくらいが適当ですし、長い空き時間であればひとふた盛り上がりするくらいの会話ができるのと良いと思います。

 

エレベーター内、昼休み、少しの時間のアイスブレイクなどなど会話をする場面によって会話時間は変わります。

 

コミュ力のある人はそういった状況を鑑みて、話を振ったり、自分の話をしたりしている印象が少なからずあります。

 

そういった場面にあった会話というのをあらかじめ想定して、この話題ならこれくらい伸びそうだなとか、この話題ならコンパクトにまとめられそうっていうのをある程度慣らしておくとコミュ力が上がるのではないでしょうか。

 

 

 

 

はい。今回はコミュ力について語っていきました。

 

まだまだあるとは思うのですが、とりあえず思い浮かぶものを挙げてみました。

 

一つでも役立ったならいいなぁと思います。

 

そして次回は、コミュ力のつけ方について記事にしようと思いますので、今回の話に少しでも興味を持っていただけたなら、次回も楽しめる内容になるんじゃないかなと思います。

 

 

と、いうことで、次回の記事もお楽しみに!

 

 

タクでした。

 

 f:id:happyicecream-okaeshi:20180218170337j:image