ハッピーアイスクリーム~自由を望む2人の民~

ハッピーアイスクリーム〜自由を望む2人の民〜

ストレスフリーに生きることを望む2人の民によるブログです!ぜひご覧くださいっ!

ドラマ 獣になれない私たち 第10話感想

こんにちは、こんばんは。クロです。

 

新垣結衣さん、松田龍平さん、田中圭さん等出演ドラマ「獣になれない私たち」第10話感想です。

 

 

 

前回記事はこちら。

 

 

 

happyicecream-okaeshi.hatenablog.com

 

 

 

 

最終回。
みんな色んなことを決意して歩みだした最終回。

 

自分を救うために不正に加担したことを告白した人。
人間らしく生きるために会社を辞めた人。
部下に不平不満を爆発させられても自分の考えだけが正しいとしか思えなかった人。
世間体よりも自分の思う道を大切にしようとした人。

 

最終回を迎え思い返してみると、絶望の全てを尽くした第1話から中盤にかけては非常に不愉快な絶望的な話が続き、中盤以降もやや薄まりつつ色んな理不尽が多大に盛り込まれていた訳だけど、全体を通してずっとリアルな人間が描かれていたのかなと思う。

「僕らは奇跡でできている」も同じように人間性について扱っていたけど、このドラマも人間味溢れるリアルさがいっぱいだった。
どっちが好みかとかは色々あるだろうけど、一応序盤でリタイアせずに最終回まで頑張ってまあ良かったかな。

 

葛藤を捨てて決断するところはスカッとした。
恒星さんがたかなしさんに札束ばらまいて1発かますところと、猫かぶりながら謝罪会見してた呉羽さんが本性むき出しにして爆弾投げつけるところは良かったね。

それぞれが自分を押し殺して理不尽に耐える人間として描かれる中、本能のままに生きる呉羽さんもまたリアルだったかな。
思うがままに生きる中でも人には見えない苦悩や葛藤はちゃんと抱えてて。

 

そんな呉羽さんの思いを浄化させたのが橘カイジな訳だけど、飯尾さんの演技すごく上手だった。
前回の登場時は出演シーン少なくて気付かなかったけど、自然だった。
中盤で大々的に風呂敷広げた橘カイジの正体があれだったことは思うところある人も多そうだけど、個人的にはすごく呉羽さんとマッチするペアだったのかなと思った。
まさか冗談じゃなく本当にシドニーに行くとは笑

 

後は、朱里。
人間味溢れる火とばかりの今作の中でも朱里は個人的に一番魅了的なキャラクターだった。
中盤以降どんどん出番が増えていって、感情移入できるところも増えて、黒木華さんの演技も相まってとっても素敵な人物でした。
最後に酔っぱらって九十九社長と肩組んでるところも微笑ましかった。

 

そして、晶さんと恒星さん。
最後は結局ああいう感じになったんですね。
まあドラマスタート前のイメージ画像?からもそんな感じでしたが、前回まで恋愛感情を完全否定してたからちょっと急な印象もあるかな。

でも最後が鐘なのは良かった。
序盤で扱ってた鐘をここに来てまた使うか。
実際に音はさせないで、風だけでどうなったのかわかる演出も好みだった。

 

たぶんこのドラマは今観るのと5年後に観るのでは全く感じ方が違うドラマだったようにも思う。
きっと5年前に観てたらまた違うように感じていたと思う。

いつかまた見直したいと思います。
序盤の絶望が強すぎるから当分は遠慮しとくけど笑

 

それでは今回はこの辺で。

以上クロでした~

 

ドラマ 僕らは奇跡でできている 第10話感想

こんにちは、こんばんは。クロです。

 

高橋一生さん、榮倉奈々さん等出演ドラマ「僕らは奇跡でできている」第10話感想です。

 

 

 

前回記事はこちら。

 

 

 

happyicecream-okaeshi.hatenablog.com

 

 

 

最終回でした。
いい最終回でしたね。
このドラマらしい最終回。

 

前回あれだけ落ち込んでいた一輝が復活するまで短いなあと思ったけど、そうじゃないんだね。
単に、嫌なこと言われたから相手を嫌いになったとか、職場を辞めたとか、我慢して乗り越えたとか、そういう次元では生きていないんだった。

 

辛くて悲しいことも、そこだけで終わらない。
何で辛くて悲しいのかを考える。
樫野木先生と仲良くなりたかったから。
マイナスな感情で終わるのではなくて、見方を変えて、周りが思いもしない着眼点で予想外の考え方をする。

 

そんな一耀の留まることを知らない好奇心が、周りの人にもどんどん影響を与えていった。


以前はただただ学校に通っていただけの学生たちは、色んなことを考えて、将来のことを考えて。
実家のこんにゃくを恥じていた新庄くんも、顔出してこんにゃくの魅力を語るようになった。


全部一人で抱え込んでいた育実は、やらない理由を探すのではなくてやってみることを考え、周りを頼るようになって。
もう周りを下に見てしまうウサギではないね。


自分を卑下することしか出来なかったまさやも、ダメだと考えるのではなくて、俺ってすごいじゃんと考えられるようになった。


樫野木先生も、自分のことを見直して、フィールドワークをもう一度やって、結婚指輪と決別して。


虹一くんのお母さんは、虹一くんのことをしっかり見ることができるようになって、テストの点数が悪くても良いところを見つけられるようになった。


山田さんは、ずーっと心に押し隠していた秘密を明かして、一輝と本当の親子になって。
ここまでずっと名前しか出てこなかったオオカワラさん。
元々そんな人は存在しなかったんですね。
山田さんが一輝のために生み出した架空の人。
一輝はそれも知っていたんですね。


もちろん彼らの変化は一輝だけの影響ではなくて、周りの人たちの、色んな人たちの言動によって変わった。


一輝自身も、一人だけだった自分の光を広げていって、周りを光に入れたら嫌なことも入ってきて。
それでも、嫌なことも引っ括めて自分の光に入れて、無限大にして、宇宙をものみこむ。


一輝は奇跡でできていて、周りのもの全てでできていて、周りの人も、一輝を含めた周りのもの全てでできている。

 

素敵なドラマでした。


それでは今回はこの辺で。

以上クロでした~

 

ドラマ SUITS/スーツ 第10話感想

 

こんにちは、こんばんは。クロです。

 

織田裕二さん、中島裕翔さん、新木優子さん等出演ドラマ「SUITS/スーツ」第10話感想です。

 

 

前回記事はこちら。

 

  

happyicecream-okaeshi.hatenablog.com

 

 


最終章序章。
全体的に締まった回だったかな。
締まった回だったけど、色々ぶつ切れだったようにも感じる。
お肉焼きながら観ていたせいで入り込めなかったってのもあるかもしれないけど。
だから今回はいつもにまして個条書き調でお届け。

 

冒頭、遊星の暴走で鈴木先生の正体がバレる。
どうなるかと思いきや、意外とあっさりだった。
もっとこの世の終わりみたいになるかと思った。

 

ファームに残す条件として、鈴木先生VS蟹江先生。
蟹江先生が最高に卑怯だった笑
最近なんかいい人キャラっぽくもなっていたけど、やっぱりこの人は正真正銘の卑怯もの笑
鈴木先生が甲斐先生流のわなを使って蟹江先生をはめたのは面白かった。
でも、クライアントの要望を叶えた鈴木先生よりも、企業財務に詳しい蟹江先生が結局勝利を奪い取ったってのは少しリアル。
あの決着の付け方は、次回に繋がる終わり方だったてのもあるけど、何か日本のドラマっぽくなかったかな。洋ドラマっぽかった。

 

今回の見所は、甲斐先生の葛藤。
今まで皮肉屋で通ってた人だから、あんなにもやもやした表情は新鮮。
蟹江先生の言動に自分を照らし合わせて激怒するところも、今まではなかった描写。すごーく人間味が出たね。

 

そして、まさかのジョーカー。
玉井さん。中村アンさん。
有能秘書ってだけじゃなくとっても先生思いでした。

 

あとは、特別ゲストの市川海老蔵さん。
この第10話だけだと、すこーし弱かったかな?
甲斐先生には頭が上がらないって感じだと、どうしても弱いよね。いつだかの竹中直人さんの方が強敵感あった。
でも終盤は不穏な動きもあったし、最終回でどんな振る舞いが見られるか注目ですね。

 

甲斐先生の過去との決着
鈴木先生の正体
三角関係
などなどなど。
最終回も見所いっぱいですね。
第2シーズンもあるかな ?

それでは今回はこの辺で。

以上クロでした~

ドラマ 大恋愛~僕を忘れる君と 第9話感想

 こんにちは、こんばんは。クロです。

 

 

戸田恵梨香さん、ムロツヨシさん、松岡昌宏さん等出演ドラマ「大恋愛 ~僕を忘れる君と」第9話感想です。

 

 

 

前回記事はこちら。

 

 

 

happyicecream-okaeshi.hatenablog.com

 

 

 

 


前回、小池徹平さん演じる松尾さんの接近から逃れた尚と真司。
二人に再び幸せな生活が戻り、とうとう尚が妊娠。
そんな幸せがありつつも、細かい描写としては部屋の貼り紙が増えていたり病院からの帰りもスマホなしでは道が分からなかったり、やはり病状は進んでいるのがはっきりわかる。

 

一方、井原先生と尚ママも色々あったけど結婚。
まさか井原先生が尚ママを招いてるところに井原ママが現れるとは。見たことないタイプの修羅場だった笑
井原ママの立場に立ってみれば動揺するし反対するのも理解できるけどね。
無事結婚に至ったところを見るに、何だかんだありつつ最後は納得したのかな。あるいは井原パパに説得されたか。
まあ皆さん良いお歳ですからね。

てか松岡さんかっこ良すぎないですか?笑
初回や第2話辺りまではかっこ良すぎるのが印象強くて、途中で段々慣れてきていたと思ったのに今回は特にかっこ良かった。
単にビジュアルが2枚目だってことに加えて井原先生の言動も2枚目。
部屋に誘った後の言動とか、翌朝修羅場時の言動とかね。すごいね。
真司も心は2枚目だけど、外見はね、どうしてもね、TOKIOと比べるとね。笑

 

あとは、水野さんと間宮夫妻の関係性について。
松尾さんのあんなことがあった後だから、今度が水野さんが二人の邪魔をするかとも思ったけどそうはならなさそう。
水野さんはあくまで担当編集として真司のお手伝いをしているって感じで。
心に秘めてる感情もなくはなさそうという様子も見えますが。
結果的に「もう一度第一章から」は真司の構想通りに尚のその後を描ききることなくしり切れとんぼに終わったようだから、水野さんも反対しつつそこは認めたんだね。
本が売れるためにを一番に考えながらも、真司のことも大切に思ってるとわかりますね。

話それますけど、木南晴夏さんすごい素敵な女優さんですよね。
今年僕が観てたドラマにたくさん出演されていました。
花のち晴れ も ハゲタカ もこの大恋愛も全然違う役で、すごく幅のある女優さんだと思います。
昔日テレで加藤浩次さんとかと夜中にバラエティ出てましたよね。
先輩ロックユーみたいなやつ。JOYさんとか、松坂桃李さんとか、大野拓朗さんとか、後に売れっ子になる若手俳優が多く出ていた印象。詳しくは忘れた。

 

そして、真司の前から姿を消した尚。
周りの反応から、恵一くんがいなくなったのは自分のせいと気付いたのかな。
もしかすると、恵一くんが生まれたばかりの頃に、自分が水野さんより劣っていると考えていたことも、忘れていると思うけど心のどこかに刻まれているのかもしれない。
自分がいたら周りに迷惑かけるだろうということで姿を消したのかな。
真司に大声で怒られてすごく怯えてたもんね。
木村さんに話していた通り、真司の人間性が試されるところだったけど、真司が思わず声を荒げてしまうのも理解できるところが切ない。

結婚指輪もスマホも置いていってしまって。
置き手紙も、今回冒頭で出産予定日を手帳に書いていた字とは別人で、平仮名しか書けなくなってしまっていて。
切ない。

うーん。結末読めないなあ。
どうなるんだろうか。
どんな最終回になるか、楽しみです。

 

それでは今回はこの辺で。

以上クロでした~

  

ドラマ リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子 第8話感想

こんにちは、こんばんは。クロです。

 

米倉涼子さん、林遣都さん、向井理さん等出演ドラマ「リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子」第8話感想です。

 

 

前回記事はこちら。

 

 

happyicecream-okaeshi.hatenablog.com

 

 

最終章序章。
この第8話は、来るべく最終決戦に向けての準備回だったね。
今までちょろちょろ出てた守屋受刑囚の事件。
小鳥遊さんが弁護士資格を失うことのきっかけとなった事件。

NPO法人暴力団絡みの事件で、何となくテレ朝のドラマ感を感じた笑
偏見だし、実際テレ朝のドラマなんだけど、なんだろ、相棒の匂い?なのかな?よくわからんけど。
よくわかったのは、速水もこみちさんが黒かったこと。外見も、役の中身も。

 

そんな事件の概要であったり次回盛り上がるための下地パートだから、今回はさほど盛り上がりはなかったかな。
前回が完全な勧善懲悪でスッキリだったから余計にそう感じるのかも。

そんな中、チーム京極が一度解散してしまうという展開は、盛り上がる見せ場として組み込まれたのかな?
正直解散から復活までが短すぎていまいち盛り上がりには欠けたと思う笑
でも、ばらばらになったと思いきや皆独自の方法で情報を集めていたってのは良かったね。
1つ疑問に思ったとすると、りえさんとか教授とか、新しく就いた職はどうしたんでしょうか。ってのはあるけど。

 

そして、ここに来て海崎先生の存在感が増している。
海崎先生は何考えてるのかわからなくてこわい。
白鳥先生のことも天馬先生の秘書のことも上手くつかっていて、やっぱりただの企業の犬ではなかったね。
最後には天馬先生に噛みつくかな。
自分の信じる正義を貫くタイプの人っぽいし。

 

次が最終回。
小鳥遊さんVS天馬先生の最終決戦。
弁護士資格がない中でどうやって戦うのかな?と思ったら当事者同士で戦うのか。
ポチと海崎先生の代理人対決も注目だね。微妙に三角関係っぽくもあるし。

というか、全9話だったのか。
たしか1回野球中継で中止になってるから、ほんとの予定では今日で終わるはずだったんだね。
続編やりそうな気配もあるけど、大門未知子だったり小鳥遊翔子だったり、観てる方もやってる方も大変かな笑
とりあえずまずは最終回楽しみです。

 

それでは今回はこの辺で。

以上クロでした~

 

ドラマ 獣になれない私たち 第9話感想

こんにちは、こんばんは。クロです。

 

新垣結衣さん、松田龍平さん、田中圭さん等等出演ドラマ「獣になれない私たち」第9話感想です。

 

 

 

前回記事はこちら。

 

 

 

happyicecream-okaeshi.hatenablog.com

 

 

 

 


目まぐるしく色んなことが起こった回。
5分?拡大で終盤に向けて激動だったかな。
やっぱり個人的には難しいドラマだ。

 

開幕は晶×恒星のシーン。
なんかもう端から見たらカップルみたい。
でも、朱里に言ってた通り晶は恒星に対して何でも話せる飲み友達としか思ってないんだよなあ。

 

その後の晶×朱里×千春の三者ビール会談はカオスだった笑
晶が泣き出してしまって、残り二人ももらい泣きしちゃう訳だけど、最初に晶が泣くのがなんかどうなのかなと思ってしまった。
そういうキャラじゃなかったような気がするし、泣くような理由もなかった気がするし、、

でも、あのビール会談を通じて3人の親睦は深まったようで、過去の遺恨は解消されてよかった。
千春さんも最初は結構たち悪いキャラで描かれていたけどいい人だね。

 

そして朱里パート。
朱里も、序盤はかなーりどうしようもない人として描かれてきて視聴者のイメージ最悪だったかと思うけど、ここまで見続けている視聴者にとっては一番応援したくなるのは朱里なのかなと思う。
というか個人的にはそう。
過去と決別して、お給料ゲットのために、必要な人間になるために、怒られても頑張って働く。
働くなかではどうしても晶との差を痛感してしまう。
それでも、食らいついて努力して社長の要望に応えようとする。
そんな中での致命的なミス。
かわいそすぎる。。がんばれ。。。

 

最後に、九十九社長に爆弾投げようとして反対に投げられてしまった晶。
あそこで辞表を投げつける、のを躊躇するところまではやかる。

でも、そこから社長の言うこと全部真に受けて落ち込みまくっているのはちょっと違和感。
恒星になぐさめられてラブシーンに持っていくシナリオありきの展開、とちょっと穿った見方をしてしまったり。
晶も一夜あけてそれに気付いたのか、「間違った?」って呟いていたのはそういうことなのかな、とも思ったり。

前回までと加えて今回でも、恒星→晶が特別な感情になってきていることは少しずつ描かれていたのに対し、晶→恒星に恋愛感情が全くない(と僕には見えた)中でのあれだから急な展開だと思ったのかもしれないですが。

 

まあ何にせよ次回で最終回。
予告でも煽りがあったけど、5人はどんな生き方を選択するのか。
今回の感じだと結局恒星が悪い書類に協力したのかわからなかったし。
1度は拒否してたけど、最後の感じだと結局判子押しちゃったのかな?まあ次ではっきりわかるか。

てか5人に限らず他の人たちもだね。
さくまさんや社長、営業部の社員、橘カイジ等。
ここまで人間の機微に深く触れてきたドラマだから、最終回でもそうしたところを描いてくれると良いなと思います。楽しみです。 


それでは今回はこの辺で。

以上クロでした~

 

ドラマ 僕らは奇跡でできている 第9話感想

こんにちは、こんばんは。クロです。

 

高橋一生さん、榮倉奈々さん等出演ドラマ「僕らは奇跡でできている」第9話感想です。

 

 

 

 

前回記事はこちら。

 

 

 

 

 

happyicecream-okaeshi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

久々に恋愛パート。


と思って観ていたけど、やっぱり恋愛ドラマではないなあという印象。
構図としては一輝・育実の恋模様、青山さんを含めた三角関係なのだけれど、なんかそうじゃないんですよね。
この恋愛模様を通じて一輝が「目に見えない人の気持ちを言語化した人はすごい」と思うところにスポットが当たっているというか。

だから、最終的に誰と誰をくっつけようとかこの別れのシーンを山場にしようとかそうしたものがなくて、全くどろどろした感じにならなかったのかな、と。

一輝が育実のことを「面白い」と表現したのはまさにそういうことなのかなと個人的には思った。
ファニーって意味じゃなくて、一輝が言葉で話していた意味だけを拾っていくとむしろ恋愛感情にも近いのかもしれないけど、「好き」ではなくて「面白い」になるのは一輝らしいし、このドラマらしい。

育実にメラメラ対抗心燃やしていた青山さんが、興味ありませんと一輝に言われてあっさりやるだけやったって収まるのも青山さんらしい。
物怖じせず告白して、フラれてもぐちぐち引き摺らずさっと諦めて、すごい人だなー。

一輝はすごく人たらしなんだよね。
正直に思ったことしか言わないから敵ばっかり作りそうなのに、まわりの人は自然と一輝を好きになる。

 

そんな恋愛チックなパートから一気に雰囲気を変えたのは樫野木先生。
樫野木先生大爆発。
今までで一番の見せ場がこの終盤で回ってきて、恐らく多くの視聴者が感情移入したのではないでしょうか。
堅実に生きて、家族のために自分のやりたいことや夢は捨てて、現実だけを追って。
でも、皆が憧れるのは一輝のような人たらしで、脱サラして自転車屋をやるような人であって。
自由に生きる一輝のような人に腹が立って、一輝のようになれない自分にも腹が立って。
要潤さんの「動」な感情の爆発すごかった。

 

一方、鮫島教授もすごかった。
大爆発した樫野木先生をなだめるのかと思ったら、あれは真逆で「静」感情表現で、温厚な鮫島教授は少しこわかった。真の狙いは何かな?
ハゲタカの時の飯島常務からの振れ幅がすごくて、小林薫さんもすごいわ~

 

いよいよ次で最後。
樫野木先生の言葉を受け一輝が何を考えるのか、鮫島先生の言葉を受け樫野木先がどう変化するのか。
あとは、沼袋先生関連にももっと触れてもらわないと笑
昆虫ユーチューバー?笑 ってなに笑
前回から明らかにシーン構成カメラ割りが狙ったもの多かったからね。声もよく聞けば児嶋さんだし。
今期指折りのお気に入りが終わってしまうのは感傷的だけど、最終回楽しみです。

 


それでは今回はこの辺で。

以上クロでした~