ハッピーアイスクリーム~自由を望む2人の民~

ハッピーアイスクリーム〜自由を望む2人の民〜

ストレスフリーに生きることを望む2人の民によるブログです!ぜひご覧くださいっ!

東西南北 いちご100%ヒロイン 僕はやっぱり西野つかさ派!


おはようございます。



タクです。



研修が終わってしまった……。



研修が終わるとまた朝早くに起きて夜も結構経った頃に帰る日々に逆戻り…。


もういい加減にして欲しい。


片道2時間もかかるの。


圧倒的拘束時間……。


連休なき日々……。



そして今日も今日とて電車を乗り間違えるミス……。



はぁぁぁぁぁぁぁん。



なぜ当たらない!宝くじ。



はぁぁぁぁぁぁぁん。



もうずっと寝てたいよぉぉぉぉぉぉぉ



はぁぁぁぁぁぁぁん!



……閑話休題



今回はいちご100%についての続きの記事を書いていきたいと思います。


えっ?急にテンション変えすぎって?



いちご100%について語る時は冷静にしっかりと語りたいんです。


紳士なので…。


…はい。


いちご100%のヒロインは本当魅力的。



実際にいたら多分人見知りで奥手の僕は恐れ多くて近づけもしないでしょうが、その圧倒的な魅力に常に見惚れてしまうこと間違いなし。



今回はそんな魅力的なヒロインを西野つかさちゃんを中心に語っていきたいと思います。



読んだことある人は気づいてるでしょうが、実はいちご100%のヒロインはそれぞれの苗字が、東城、西野、南戸、北大路となっており、頭文字をとると東西南北になるんですよね。



なのでよくいちご100%について語るときは東こそ至高とか、それはない西やろとか、分かってないなんだかんだ北とか、南一択やんけ、みたいに語る方が多いです。



ちなみに主人公の苗字は真中。



東西南北の真ん中でどの方角へ行くか迷う、そんな感じの設定なんですね。



まあ作者はあとがきで苗字決めるのが楽になるからそうした的なことを言っていましたが。
(単行本19巻あとがき)



さて、話がそれましたが、東西南北それぞれのヒロインについて語らせていただきます!



他にも何人かヒロインがいるのですが、割愛します。


ごめんなさい……。



①東城 綾



黒髪ロングの清楚女子、東城綾



少年漫画の恋愛漫画では王道ヒロインといえるその風貌。



黒髪、清楚、優しい、可愛い、ドジっ娘眼鏡っ娘、文学女子と様々な属性を持つ彼女は正に少年の理想のヒロイン。



主人公の夢を共に追いかけ、時に大きな力になってくれる女の子。



リアルでこんな娘いたら本当幸せだろうなぁって思いますね!



東城は内気な女の子で、中々主人公に想いが告げられずにいます。



いちご100%は基本主人公目線でストーリーが進んで行くのですが、このヒロインは主人公と同じくらい応援したくなるキャラなんですよね。



内気な自分にコンプレックスを抱いていたり、他の登場人物のことを常に思いやったり、本当応援したくなる女の子なんです。



そして圧倒的才能!小説を書く才能はピカイチ。



そんな彼女の話を読んでみたい!



これは作家を目指す僕の願望です……!



西野つかさ


東城と並ぶ二大ヒロインの一人。



金髪ショートで何を考えているのか分からない、ミステリアスな女の子。



基本いちご100%では東か西かで論争が繰り広げられます。



中学時代から始まる当漫画で出てくるのはこの2人だけなので。



ただ、それだけの理由でなく、圧倒的に東と西のヒロインは主人公に愛されています。



そしてこの西野つかさちゃん。



正直漫画のヒロインの中では最強クラスだと僕は思います。



最初勘違いで告白され、凄い主人公のことが好きだった訳じゃないけど、なんとなく主人公のことが面白い人だと思い付き合っていく西野。



でも途中で段々と主人公のことを好きになっていくんですよね。



その様子がもうキュンキュンです。



正直西野はスクールカーストの中ではトップクラスの地位にいると思います。



コミュ強ですし、可愛いし、要領がいいし、頭もいい。人を動かすのも上手いし、友だちも多い。



そんな高嶺の花である西野ですが、高嶺の花だからこそ主人公に惹かれる理由も魅力的で、高嶺の花だからこそ、主人公と距離が離れてしまうこともある。



主人公といつも同じ目線にいるわけではなく、高校では主人公と違う高校へ進学し、主人公とは違う夢を追いかけ、主人公と違う境遇で生きていく西野。



だけど、主人公と二人の時を誰よりも望んでいて、望んでいるけども独占しようとは決してしない。



あぁ、文章じゃ伝わらない!この魅力!圧倒的魅力なのに!



はぁぁぁぁぁぁぁん!



とにかく、西野というヒロインを知るためだけにいちご100%を読むのもあり!



それくらい魅力的なヒロインです。



おすすめです。



③南戸 唯


幼馴染、妹系女子、南戸唯


なんだかんだ主人公がピンチの時にはいつもいる、ちっちゃいけど頼もしい女の子。



南戸唯は漫画が漫画ならば他のヒロイン押しのけてナンバーワンとなれるヒロインだと思います。



登場回は少ないんですが、心をほっこりさせるヒロインで、こんな妹がいたら楽しいだろうなぁって思います。



マスコットキャラですね、はい。



作中で南戸はあまり、恋愛という意味では主人公との関係性はあまりしっかりと築いていきませんが、主人公にとっては大切な人の一人で、なんだかんだずーっと付き合いある女の子なんだろうなぁって思います。


たまに見せる弱いところにドキッとすることもあります。(単行本の第8巻あたり)



④北大路 さつき


唯一友だちから好きに発展した女子北大路さつき



最初は何とも思っていなかった。



むしろ鬱陶しいと思うくらいだったけど、徐々に惹かれていって……!



北大路さつきは主人公に対し、一番アタックして、一番心を通わせて、一番近しい存在だった気がします。



一緒にいて、楽しくて、安心できて。



友だちだったからこそ築ける関係がそこにはあって、友だちだったからこそ中々縮まらない恋愛的な距離感があって。



時に他のヒロインたちを敵対視するけれど、その懐の広さでなんだかんだみんなを支え元気をくれる、そんなヒロインです。


人間味があって本当魅力的。


胸もしっかり大きくて……。



……閑話休題






いかがでしたでしょうか。


本当はエピソードを交えて紹介したいところですが、なるべくこれから読む方が作品を楽しめるようにあえてエピソードを加えることなく紹介してみました。


いちご100%は平成男子の夢であり、希望であり、バイブルです。


みなさんも平成が終わる前にぜひ手にとってみてはいかがでしょうか?



以上遅刻寸前のタクがお送りしました。



次回の記事もお楽しみに!


(出典 いちご100%