ハッピーアイスクリーム~自由を望む2人の民~

ハッピーアイスクリーム〜自由を望む2人の民〜

ストレスフリーに生きることを望む2人の民によるブログです!ぜひご覧くださいっ!

HUNTER×HUNTER 複雑 説明困難 反省 |検索|

おはようございませぬ。



タクです。



今日は休日ですが、課題をやらねば……。



でもまだ布団の中。



疲労がとれず動けない……。



せめてブログは更新しないと……と筆をとっております。



なんだか1日仕事を忘れて遊ぶって日がしばらくないなって思うと本当虚しさだけが渦巻いてしまいます。



免許の更新にも行かないとな……。



分身の術が使えればいいのに……。



……。閑話休題……。閑話休題……。



せめて閑話休題だけでも分身させてやる、そんなメンタルです。



せっかくなのでもう一度。



……。閑話休題




今回もHUNTER×HUNTERについて雑に振り返っていきたいと思います!


あくまでも雑になのでそこは注意してください。



・蟲編


グリードアイランドから現実世界に戻ったゴンとキルア。
本当はクリア後にゴンの親父のところへ飛んでいく予定だったのだが、辿り着いたのはゴンの恩人カイトのところであった。
残念に思うも、つもる話の多いゴン。
キルアを交え、今までの道のりを肴にカイトと宴を楽しむ。
ゴンの話に対し、カイトは今キメラアント、通称蟲と呼ばれる化け物をハントしてることを告げる。
カイトの話に興味を持ち、ゴン、キルアはカイトに同行し、キメラアントを倒すこととなった。
しかし、このキメラアント、めちゃくちゃ強い。
まず硬い。素手で戦おうものなら全く太刀打ちのできない硬さ。
念能力の更なる向上と応用がうまくいかなければ即死。
ゴンとキルアは闘いの中で戦闘スキルを磨いていくことになる。
しかし、ゴンの知らぬ間にキメラアントの元には最強の力をもつ王、王に対する尊敬がもはやホモの領域とかしたプフ。キャラの定まらない怪物ユピー。萌猫筋肉ダルマピトーが生まれる。
キメラアントの中でも別格中の別格。
もはや闘いはハンター協会会長が出るところまで発展することとなる。
果たしてゴン、キルアはキメラアントを討伐することができるのか。
ようやくハンターらしくなった話でゴンに異常な変化が……!?



・選挙編


ハンター協会では会長がなんだかんだで死んだため、次期会長を決めることが必要となった。
しかし、誰をどのように会長に選ぶのか、その選挙のルールまでは決まっていない。
ハンター協会はいわばワンマン社長のベンチャー企業の如く、無茶苦茶な協会体制だったのだ…!
ここで活躍(?)するのが十二支んなる協会の幹部。
どいつもこいつも身勝手な幹部ではあるが強者揃い。
今回は協会メンバーが頭を捻って選挙を計画、運営をすることとなる。
選挙が進んでいく中で、候補者が選定されていくが、なんとその候補者には医者志望の髭面レオリオの姿が!

果たしてレオリオは会長になれるのか……。


という話と並行して、蟲編にてボロボロになってしまったゴンを助けるため、キルアは過保護ゾルディック家の中でもタブーとされる妹、アルカを連れ出しにいっていた。
アルカは願い事をすることでどんな願いも叶えてくれる能力をもつ。
だがしかし、アルカの願い事に対する代償は計り知れない。
あまりに危険な能力を持つアルカ。
アルカを連れ出そうと必死のキルア。
キルアがアルカを連れ出すことを阻止しようとする超絶ブラコン兄のイルミ。
なんかいた変態殺人鬼ヒソカ

果たしてキルアは無事ゴンを助けることができるのか。

選挙とゴンの治療、一見何も関係のなさそうな二つの話が交差することで、物語はあらぬ方向へと進んでいく…。



・新大陸編


実は人類が住んでいる人間世界とはまた別の新世界というものが、存在していることがハンター協会会長の息子ビヨンドにより発表される。

その情報は協会内でもタブーとされる情報だった。
それは何故か。その世界、新大陸へ足を踏み入れることが人類にとってとんでもないリスクに繋がるからだ。

しかし、どうしても新大陸へ行きたいビヨンド。
ビヨンドを警戒する協会。
ビヨンドは協会の警戒をかいくぐり、国際連合的ポジションのV5から独立した国カキン王国の援助の元、新大陸へ行くことを計画していた。
なんとかビヨンドが新大陸に行くのを阻止しようと画策するもうまくはいかず、結局ハンター協会の監視のもと、ビヨンドの新大陸渡航が決定する。
しかし、問題は新大陸渡航に限らず、カキン王国の王位継承戦もその一つとして上がっている。
とりあえず船にビヨンドや協会メンバーだけでなく、カキン王国の王子やその護衛も加わり新大陸へ向かうが、新大陸へ向かう中、数々の問題が発生する。

果たして、この漫画はちゃんと終わることができるのか…。
物語の鍵は富樫の腰とメンタルにあったのだった。






えーっと……。



はい。


雑に振り返りすぎました。



いや、あのー。



話が複雑すぎてうまく説明できないんです。



いや、HUNTER×HUNTERのあらすじを説明しようとすること自体、だいぶ無謀な行為だったなと思っています。



やっぱりHUNTER×HUNTERはしっかり原作を読み直さないと話の内容が全く掴めない漫画ですね。



まあ今回の雑な説明でなんとなく話に興味を持った方は漫画をてにとるなり、他のサイトのあらすじを読んでみるなりしてみてください。



みなさんにとってこの記事がHUNTER×HUNTERを知るきっかけになれば、それで十分だと思っています。



反省、反省。



さて、気を取り直して、次回の記事を更新していきたいと思いますので、今回はここまで!



タクでした。