ハッピーアイスクリーム~自由を望む2人の民~

ハッピーアイスクリーム〜自由を望む2人の民〜

ストレスフリーに生きることを望む2人の民によるブログです!ぜひご覧くださいっ!

トドメの接吻 第8話感想

こんにちは、こんばんは。クロです。

 

今回は、トドメの接吻第8話感想です!


いや~今週も良かったなあ~


エイトVSマッケンユーの対決を軸に、今まで以上に二人の人間味が見えた気がする。
8話ということもあり段々クライマックスにも近づいているのが感じ取れた。

 


序盤は、前回に続きサイコの健気さに胸を打たれまくった。

自分の部屋で、目の前でみことさんがエイトにプロポーズまがいのことし出すの見て、邪魔にならないように振る舞ったり気持ちを押し殺してエイトの幸せを願うのほんとに健気過ぎて、サイコが天使のようだった。
目の前でエイトとみことさんが良い雰囲気になってたら辛いよねえ。

でもその健気さがしっかりエイトに届いているのが救い。

 

思わず抱きしめたことも頭に残っているみたいだし、茶化しながらもどんどんエイトの中でのサイコの存在感が高まっているのを見て取れる。


サイコのお陰で、愛が歪んだエイトの心が回を追うごとに人間らしくなっていって、母親との距離感も、父親との軋轢も解消されつつあって。


良き理解者であり、一番エイトの幸せを願っているのが伝わる。健気。

 


一方、みことさんちょっと頭弱いよなあ笑

流石に親戚と勘違いするわけないでしょうよ笑

マッケンユーの言葉にもすぐ心乱されそうだったし、頭弱いってか純粋なんですね、きっと。

 

 

あと、長谷部くんはまた殺された笑
今回は1回で済んで良かったね笑

 

 


そして、個人的に今回の見どころだと思ったのは、布袋のもとを面会で訪れたマッケンユーの涙。


今までのマッケンユーは、真っ黒くろすけの冷徹な悪役っていうキャラ付けがされてきたけど、みことさんへの思いを述べながら流す涙は綺麗で、彼の不器用な人間性が見えた気がする。

役者としての新田真剣佑のスキルの高さも感じた。やっぱり上手だよねー


あのシーンは、部屋で一人で呟きながら涙することも不自
然ではなかっただろうに、あえて留置場で布袋へ語るってのは、マッケンユーも布袋を完全に駒として使っているのではなくて、布袋もマッケンユーの気持ちを理解しててっていう二人の関係性を見せる意味合いもあったのかなあなんて思いました。


少し人間味ある泥臭いところも見えたけど、サイコを家の前で待ち伏せしたり壁ドンしてるシーンはかなり不気味だった笑

 

huluで観たあとそのまましゃべくり観たからマッケンユーのキャラの違いが面白かった笑
尊氏兄さんは絶対に見せないような心の底からの笑顔が頻繁に顔を覗かせて可愛らしかった笑

 

 

 

エイトの名言「挽回してやる」が出てこなかったことからも、冒頭少し書いたように今回は今までのようにタイムリープを利用したエイトとマッケンユーの対決とは少しテーマが違うように感じた。


エイトとマッケンユーの悪口合戦皮肉の言い合いなんてのはいつも通りあったけど、みことを守るためサイコの秘密に迫るマッケンユーと、サイコの言葉で父親との過去に決着をつけるエイトがフィーチャーされた回だった印象。


徐々に伏線を回収しきっていき、キャラ同士の確執にも決着点を見いだし、クライマックスに近づいていっていますね。

 


最後、サイコとの電話を終えてから謎の演出からのエイトの全力ダッシュがあったけど、あれはなんだったんだろうか。
あの時の1週間後にサイコがピンチになってキスしたのかな?

てか、エイトの携帯ガラケーだったっけか?

 

最後のエイトの微笑みも不敵で、次回が楽しみ。
もうあと2回くらいで終わっちゃうの寂しいな~

 

 


それでは今回はこの辺で。

以上クロでした~