ハッピーアイスクリーム~自由を望む2人の民~

ハッピーアイスクリーム〜自由を望む2人の民〜

ストレスフリーに生きることを望む2人の民によるブログです!ぜひご覧くださいっ!

日曜劇場99.9 第8話感想

こんにちは、こんばんは。クロです。

 

今回は、日曜劇場99.9第8話の感想です!

 

非常にテンポが良かったですね第8話!
事件が起きるまでがスピーディーなのはいつものことですが、情報集めパートも核心に迫るパートも法廷パートもすごくトントン拍子で進んで、あっという間だった。

 

だからこそ、雲行きが怪しくなった時の絶望感はものすごかった。
え?負けちゃうの?こんな展開もあるんだなあ、と。

 

結果的にそこから事実をつかみとり逆転する訳だけど、1度決まりかけた流れを一気に変えた師匠がすごかった。

お茶飲みながらメガネ曇る演出とか、奥さんに質問してる時の眼とか、裁判員たちの話し合いの誘導の仕方とか、悪人でしたね~。

バラエティで観る鶴瓶師匠とは全く別人で、流石としか言いようがない。

 

それにしても今回の検事はポンコツでしたね~笑

でも実際の裁判だとあんな感じで急に予想外の事実が出てくることもあるだろうし、そういった時に皆スマートに対応できるものなのだろうか。
がっちりとした事前準備が必用な上に機転の利かせ方も必用ってことなんですかね。大変ですね。知らんけど。

 

次回いよいよ最終回。
9話でおしまいなのはやや少ない気もするけど、その分拡大版も多かったからまあよいか。

 

予告観る限りだと、扱う事件の規模も大きな様子だし、今シーズンのテーマである裁判所との決着のつけ方どうなるのか楽しみ。
今回で鶴瓶師匠にはジャブを入れることができたので、続けて事務総長にもギャフンと言わせてくれ。

 

面白いシリーズだし、3期4期と続いていくような終わり方だといいなあ。
榮倉奈々木村文乃もあのがたいの良い弁護士パラリーガル夫婦(名前ド忘れ。ハッピーな感じの事務職だった気がする。)も中塚さんも全員出てくるサードシーズンが観たいです。


まあその前に今シーズンの最終回を楽しみにしながら1週間がんばりたいと思います。

 


本編がテンポよくあっという間だったので今日の記事もテンポ重視で短めだけど今回はこの辺で!

以上クロでした~